コンサドーレ札幌 3

歴史 3

2007年の頃

元大宮監督の三浦俊也が監督に就任しフッキが東京Vに移籍、加賀健一が所属元に復帰するも、2006年に途中加入し天皇杯で好プレイを見せたGK佐藤優也を甲府から完全移籍で獲得する。さらにC大阪からDFブルーノ・クアドロス、ECヴィトーリアからFWダヴィ・MFカウエ、大宮からGK高木貴弘、高卒ルーキーの岡本賢明と岩沼俊介を獲得した。

Continue reading “コンサドーレ札幌 3”

コンサドーレ札幌 2

歴史 2

2000年の頃

市原から野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補給して、チームの底力を上げた。ここからはいかにJ2を戦うための戦術を確立して、かつそれを実行することがでいる選手を各ポジションに揃えて、14連勝を含む17試合無敗を含む、31勝5分4敗でJ2優勝を果たすのであった。この好成績に押されて観客動員数も増えて、この年初めて単年度黒字を達成することになる。また、この年に地元北海道出身で期待の新人といわれていた山瀬功治も登場することになる。ここまでは良かったが、少ない予算でJ1昇格を狙うためにクラブが取った策は、主力選手を期限付き移籍で集め、メンバーを固定して戦うというものだった。この結果として、エメルソンを含む8人がレンタル選手というチーム編成となっていた。

Continue reading “コンサドーレ札幌 2”

コンサンドーレ札幌

さて、先ほどまでは北海道のアマチュアクラブサッカーチームをご紹介してきましたが、ここからはJリーグチームについて話を進めていこう。北海道にも数多くJリーグを目指しているチームは多く存在しているが、ほとんどがその夢をかなえる一歩手前で夢を何度も途切れさせている。そういった中で、北海道内の中で唯一Jリーグのチームとして活動を続けているのが『コンサンドーレ札幌』となっている。様々な変遷を辿っているコンサンドーレ札幌ではあるが、そんなチームの歴史を振り返ってみよう。

Continue reading “コンサンドーレ札幌”

道北ブロックリーグ

北海道内のブロックリーグで最後に『道北ブロックリーグ』をご紹介しよう。北海道北部で行われている今リーグでは、以下の協会に登録しているクラブチームが試合を行なうことになる。

  • 上川管内南部・留萌管内南部のクラブチーム – 旭川地区サッカー協会
  • 上川管内北部・留萌管内北部のクラブチーム – 道北地区サッカー協会
  • 空知管内北部のクラブチーム – 北空知地区サッカー協会
  • 宗谷管内のクラブチーム – 宗谷地区サッカー協会
Continue reading “道北ブロックリーグ”

道東ブロックリーグ

次は『道東ブロックリーグ』について紹介していきましょう。北海道道東地域で行なわれるサッカーチームとなっていますが、ここまで来るとさすがに道東といわれても検討がつかない人がいてもおかしくないでしょう。道東というのは大体釧路や十勝といった地域のことを指している、といえば簡単でしょうかね。とりあえずは、そんなところでサッカーリーグが行なわれているわけです。

では先ず、この地区にある協会をご紹介していきましょう。

  • 釧路管内のクラブチーム – 釧路サッカー協会
  • 十勝管内のクラブチーム – 十勝地区サッカー協会
  • 根室管内のクラブチーム – 根室地区サッカー協会
Continue reading “道東ブロックリーグ”

道南ブロックリーグ

次に紹介するリーグは、道南ブロックリーグについて説明していこう、リーグは北海道西南部を中心に開かれており、詳しい概要は道央などとさほど変わるような特徴はない。北海道の渡島・檜山・胆振・日高管内のクラブチームが参加するリーグとなっており、それぞれの地区によって管轄となる協会が異なっている。

  • 渡島・檜山管内のクラブチーム – 函館地区サッカー協会
  • 胆振管内西部(登別市以西)のクラブチーム – 室蘭地区サッカー協会
  • 胆振管内西部(登別市以西)のクラブチーム – 室蘭地区サッカー協会
Continue reading “道南ブロックリーグ”

道央ブロックリーグ

次に紹介するのは道央ブロックリーグで、北海道の道央地域で行なわれている。道央地域は範囲が広いこともあり、三つの協会がそれぞれのクラブチームを担当しており、地区協会との間でチームの入れ替えが行なわれている。地区の協会割りは以下の通りとなっている。

  • 千歳地区のクラブチーム – 千歳地区サッカー協会
  • 小樽地区のクラブチーム – 小樽地区サッカー協会
  • 空知地区のクラブチーム – 空知地区サッカー協会
Continue reading “道央ブロックリーグ”

北海道サッカーリーグ

ではここから北海道の参加チームによるリーグ戦について説明していこう。まずは北海道にあるグループが目指すことになる『北海道サッカーリーグ』について説明していこう。日本全国9つある地域リーグ戦の一つで、その始まりは1987年となっている。開催当初、予選で選ばれた4チームが参加し、現在のブラックペッカー函館FCでもある、函館76FCが優勝を果たした。年々参加チームが増えていき、1979年6チーム、1980年に8チーム、1984年に10チームと増えていたが、2013年開催のリーグでは8チームの参加となっている。

Continue reading “北海道サッカーリーグ”